注文住宅は建築費以外にどんな費用がかかる?

注文住宅は建築費以外にどんな費用がかかる?

注文住宅を建てるためには、建築費(本体価格+付帯工事費)以外にも様々な諸費用が発生します。
具体的には、ハウスメーカーや工務店などと結ぶ工事請負契約に対する手数料、住宅ローンを利用する際に発生する保証料、住宅ローンを利用する際に加入する火災保険料や地震保険料などが必要です。
加えて、不動産を取得した際にかかる不動産取得税、工事請負契約書や住宅ローンの契約書に対する印紙税、所有権保存登記・表示登記・抵当権設定登記を行う際に発生する登録免許税と司法書士への報酬、不動産の所有者が毎年支払う固定資産税と都市計画税などもかかります。
さらに、地鎮祭や上棟式にも数万円ずつかかりますし、新しい家具や家電の購入費、引っ越し代、大工さんへの差し入れ、入居後に近隣に挨拶する際に持参する挨拶品なども考慮しておく必要があります。
このように、注文住宅を建てるには建築費以外にも様々な諸費用が発生しますが、建築費の10%前後ほどの金額になるのが一般的です。
また、基本的には現金で支払う必要があるものが多いので、この点をしっかりと念頭に置いて資金計画を立てることが大切です。

注文住宅にかかる諸経費は、意外と高額になることがある

注文住宅の資金集めをする際は、諸経費にもちゃんと目を向けることができているでしょうか。
ローンの対象となる本体工事費とは異なり、この経費は現金で支払わなければならないケースが多いのです。
まず注文住宅は高額なので、契約書には印紙を貼らなければなりません。
この印紙代は住宅メーカーではなく入居者の負担となります。
さらにそのあと住宅を登記する際は、登録免許税の支払い義務が生じるのです。
建物だけでなく土地も購入した場合は、その土地に対しても登録免許税が発生します。
しかもこれらの法定関連の書類を司法書士に依頼して作成してもらうと、手数料もかかるのです。
意外と知られていないことではありますが、注文住宅の着工前に実施する地鎮祭にかかるコストも諸経費に含まれます。
式典で使用するお供え物や神主さんに渡す謝礼は、かなりの高額に達するのです。
地鎮祭の内容は地域によって風習が異なるため、住宅メーカーの担当者に早めに相談して、その費用を用意しておきましょう。
注文住宅は土地や建物のコストだけを見ていてはいけないのです。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅のメリット

当サイトは注文住宅の特徴やメリットとはなにか、よくある疑問や解決について分かりやすく紹介しています。分譲住宅とは異なる、注文建築ならではの良さを知りたい人にとって参考になるでしょう。またオーダーメイド住宅の工期はどれくらいかかるのかも、解説しているサイトです。予め工期を知っておくことで、計画が立てやすくなるはずです。それから注文建築の住宅を建てるには、建築費以外にどんな費用がかかるのかも解説しています。

Search